デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

ビタミンを取ることでハゲや薄毛を防ぐことができる?

ビタミンを取ることでハゲや薄毛を防ぐことができる?

 

ビタミンD 陽の光のなかにからだをさらすことにより得られることで知られるビタミンである。これが不足すると血液中のカルシウム含有量を低下させ、くる病(せむし)になったりすることでも知られている。 

 

このビタミンDは、毛髪の再生に役立つとされており、ヘアートニックやヘアークリームなどに配合されていることが多い。 ただ、このビタミンを含む食品はすくなく、肝油、バターぐらいしか見られなくなった。

 

しいてあげれば、まいわし、さば、さんま、さけ、ます、うなぎ、どじようなどの魚類に含まれているほか、サツマあげにも組み込まれている。 ☆ビタミンE 生殖器官の正常な働きを維持するために欠かせないビタミンとされており。抗不妊症ビタミン”または。老化防止ビタミン”としても知られている。

 

不足するとメスネズミは妊娠しない。オスネズミは生殖不能になる。ただ人間に不足した場合どうなるのかはわかっていない。このビタミンが不足すると血液がかたまって血管につまり、閉塞性血栓動脈炎などという病気をおこしたりする。つまり血液の流れが細やかにいかなくなるのだ。 

 

当然、毛髪ともかかわってくるのである。 含まれている食品は、ほとんどの穀物の胚芽だが、もっともあるのは小麦の胚芽である。植物性の油などに多く組み込まれている。水溶性ビタミンの働き つぎは水溶性ビタミンについてみてみよう。

 

ビタミンB・ 心臓に欠陥のある人の多くにこのビタミンB・の欠乏が見られるように、心臓のほか、血液循環、食欲、消化力、神経組織などの正しい働きをうながすビタミンで昔、かっけ”といわれた病気もこれが不足したからだ。人体の成長にも不可欠のものである。シロネズミなどはこのビタミンB・を与えないと一か月で死ぬといわれる。 

 

したがって、直接的には毛髪とは直結してはいないのだが、正常な血液循環など、かかわり的には浅からぬものがあるといえよゝつ。 含まれている食品は米や小麦の胚芽。

 

アーモンドやピーナツのような種子、卵黄、レバー、ビール酵母、いも類、ぜんまい、にんにく、えだ豆といった野菜類、豚肉(もも)、鶏肉、魚介(こい、ふな、やつめうなぎ)類に多い。  ビタミンBヽ 人間の成長に重要で、別名、美容ビタミンの名が見られるくらいで皮膚にはかかせないものだ。 

 

このビタミンが不足すると成長が止まり、白内障、皮膚の変調などをひき起し、唇のすみがかさかさになってひび割れ、口角炎を起こしたりする。 毛髪についての影響力も大きい。ネズミを使った実験で数か月ビタミンBヽを与えないでおくと、毛のつやがなくなり、脱毛がはじまるという結果も得られている。 

 

Bヽの含まれるのは動物のレバー、魚介類(たらこ、どじよう、やつめうなぎ、わかさぎ、うに)、ミルク、緑葉野菜(しその葉、かぶ葉、ぜんまい、しいだけ)など。 ビタミンB・ たんぱく質、脂肪、炭水化物などを人体で、純粋に役だたせる働きをもっており、造血の手助け、皮膚、神経、筋肉の機能維持にはなくてはならないものである。

 

これが足りなければ皮膚炎、神経症、不眠症、発育不全などの症状をおこす。 毛髪への影響は動物を使った実験でも、頭皮にも毛髪にも悪い影響があることが証明されている。 

 

含まれている食品としては動物のレバー、豆類、ミルク、キャベツ、魚類などがある。 ビタミンB・ヽ貧血防止作川があり、精神的な疲れからくる神経組織の機能ダウンにも効果があるとされている。現代ではストレスによるハゲがかなり議論されているし、その意味では毛髪とも深いかかわりをもっているといえる。 B・゛の組まれている食品としては肉類、卵、牛乳やレバーがあげられる。植物性食品にはほとんどない。

 

ビタミンC ビタミンの中では最もお馴染みのもので、美容ビタミンとして知られているが、アレルギー症状をおさえたり、外傷を早くなおす働きをもつなど、かなりはばひろく活隠しているビタミンだ。 皮膚をなめらかにする働きもありますので、毛髪との関連も深い。

 

 ビタミンCが含まれているものは、おもに果物でミカン、レモンなどのほか、とうがらし、こまつな、ピーマン、ほうれん草、だいこん葉などの野菜類が特に知られたものだ。 

 

牛、犬、ネズミなどは身体の中でつくられるから食物からとる必要はないが、人間、サル、モルモットはからだの中ではつくられない。