デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

食べたらハゲや薄毛になりやすくなる食べ物

食べたらハゲや薄毛になりやすくなる食べ物

 

フケ、ハゲに悪い食品 ハゲというと、意識がすぐ毛髪につながるのか、脱毛には気配りをするが、フケにはまったく気を使わない人がいる。 フケは頭のアカだから若さの証拠などとフケが出てもいっこうに気にしないのだ。 たしかにフケは漢字で「頭垢」と書くように頭の垢である。

 

年をとるとフケも出なくなる。 病的なフケの発生原囚としては、性ホルモンの分泌異常、貧血、暴飲暴食による胃腸障害、不適当な飲食物があげられる。

 

また、体質によるものや精神的な疲労、イライラなんかもおおいに関係があるとされている。 しかし、思いもよらないかゆみを伴うフヶとなったら「若さの証し」どころではなくなる。まず、かゆみをともなえば、必然的に頭をかきむしるから頭皮に傷がついて、それからバイキンが入り毛髪トラブルがおきる。

 

 それに、かゆみの伴うフヶは、頭皮の表面に無数にあげられた皮脂腺の異常によることが多い。この皮脂腺の異常は、正確には頭部脂漏症といわれるものだが、脂が極端に出すぎて、新しく生まれた毛を脂びたしにして成育をさまたげる一方、毛穴を閉ざしてしまったり、皮膚の水分を奪って頭皮をカサカサにしてしまったり、ハゲの元凶となるトラブルをおこしやすいものだ。

 

 かゆみをともなうフケは。若さの証し”どころか。若ハゲになる証し″なのである。 フケをまったく気にもかけないなど、髪にとっては自殺にひとしい行為といえよう。

 

 さて、その予防と治療法だが、まず食事面から脂をとりすぎないようにすることが第一である。 脂身の多い肉類、モツ、ベーコン、天ぷらなどは、いくら好物でも、食べすぎないほうがいい。 

 

このほか特に駄目食品としては、つぎのようなものがあげられる。 チョコレート、貝類、多量のバター、多量のジャガイモ、ソーター水のような炭酸入りの飲み物、多塗のパン、塩分、多量の茶菓子類、アルコールなどだ。 この中に糖分などの炭水化物もはいっているが、これは炭水化物を多くとりすぎると、皮脂腺が活発に働きすぎるからである。 頭をかきむしることもタブーである。頭をかきむしると、どうにも頭皮に細かいきずをつけやすくなる。

 

そして、そこから病原閃かはいったりすると、ますます脱毛をはやめるばかりである。 とはいっても、フケの異常発生は、やはりかゆくてたまらない。そんなときよく養毛剤やフケとり香水でかゆみをごまかす人がいるが、まさに愚行である。 たしかに一時的には、かゆみを防ぐことはできるだろう。しかしそれは、ちょうどムシ歯が痛いからと痛みどめの薬をぬっているようなもので根本的な治療には決してなっていません。

 

 治療の方法は、一にも二にも洗髪である。とにかく洗って、フケおよび頭皮の余計な脂を洗いおとすことだ。それでもかゆみがなおらなかったらただちに専門医のところへ相談に行くべきである。なにせ「フケは「ゲの赤信号」なのだ。いずれにしてもせっかく、からだが警報を鳴らしているのだ。放置する手はない。