デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

太陽の紫外線は肌だけではなく髪にも悪影響の理由

1つとなる白やすとして毛髪は皮膚の一部という観点から皮膚によいアルカリ性食品にウェイトを置いたほうがいいようである。陽の光は赤信号と心得よう 毎年夏になると女性雑誌はこぞって夏の肌の手人れ法を特集する。

 

夏は山や海に行く機会が多く、そこで紫外線によって、さまざまな肌のトラブルをおこすからだが、それは髪にもいえることである。 たとえば夏、海水浴に行くと皮膚は黒くなるが髪の毛は赤くなってくる。

 

ともに紫外線が影響を及ぼしているのだ。 髪の毛も皮膚の一部なのに、片方は黒くなとは妙な(ナシだが、これはおなじ紫外線を受けても影響力が異ってくるからである。 

 

皮膚の場合は、紫外線を浴びせられると、表皮と莫皮との問に一時的にメラニン色素(色が黒い)が生成される。この色素は紫外線を吸収する力が強いので、それによって過剰に受ける紫外線の害をコソトロールしているのだ。 一方、髪の場合は、元来そのメラニン色素を多量に含んでいる。

 

だったら、紫外線をよく吸収するのでいいだろうと思うかもしれないが、少量のインクなら吸い取り紙で吸い取れても、インクひと瓶だと無理であるように吸収する力には限度がある。その限度をこえたとき、毛髪に含まれたメラニンは自暴というふうに破壊してしまうのだ。そしてメラニンが少くなった髪は、赤くなってくるというわけである。 

 

この赤くなった髪は同時に弾力も強力も失ってしまう。毛を構成するたん自質も紫外線の影響を受けて変性することになるからだ。 そうなった髪は、まずもとの状態にもどることはない。

 

抜けやすく、切れやすい状態のままになってしまうのだ。 海水浴の場合、この紫外線に海水の塩分といったものが加わって、さらに影響力を強める。テストによれば、障害のレベルは塩分をつけないときの数倍に達するとまで言われる。 たしかに海水浴は、人問の健康にはいいものだが、こと肌や毛にとっては、いささか害あるものなのである。 

 

海水浴あるいは山などに行ったときは、できるだけ紫外線の直射を受けることをさけ、緩めの帽子をかぶることである。

 

また、海水浴で皮膚の色を小麦色に焼くために、身体にオリーブ油を十分つけるが、髪にも同様に、海水浴前にはたっぷりオリーブ油かヘアークリームをつけ、海水がついてもはじくようにしておく。 さらに海水浴がすんだら、入念に髪を洗いリンスで仕上げしてみることも忘れてはならない。