デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

精神的に弱い人は剥げやすくなってしまう?

精神的に弱い人は剥げやすくなってしまう?

 

メンタル理由による脱毛心配ごとは本当に薄毛する原因か

 

「心配すると「禿げる」とはよくいわれる言葉だ。要するに神経を厳しく使うと薄毛るというのである。 その好例としてよくひきあいにだされるのが管理職の薄毛だ。

 

ヒラから管理職になったトタン、薄毛が進捗するというのである。実際、管理者には薄毛が多い。 それも、「人事管理などで神経をすりへらすから」なのだというのである。 

 

この精神的なストレスは、いまや管理職ばかりではなくなった。現代はフラストレーション、つまり欲求不満の時代といわれる。 社会のしくみが複雑になり、人間関係がこみいってきて、人は思うままのことを好きなようにやれ無くなってきたのだ。 これは、なにもサラリーマンやOLにかぎらない。

 

自由業や商売に取り組んでいてもおなじこと。弱肉強食の非情な世の中で、いつも不安や焦燥に駆られながらガムシヤラに働く。 こうして、文明の発達が生んだフラストレーションは、数種類の文明病といわれる病気を生んでいる。

 

原囚不明の胃痛、原囚不明の吐き気。抑圧され精神状態から発生する病いがいかに多いことか。精神状態と薄毛の関係 さて、その抑圧受けた精神状態と薄毛との関係だが、つぎのような順路でつながる。 

 

まず精神の抑圧は緊張をつのらせる。この緊張は頭皮の皮下組織内にある筋肉を委縮させる。すると、結果的に血管を圧迫することになり、正常な血液の循環がさまたげられ、栄養補給が円滑に進まなくなる。

 

かくて、毛は弱まり脱毛し、薄毛に……。 この精神的な原囚による薄毛の悲劇は、薄毛はじめると、「とんでもなく薄毛るんじやないか。ハゲたらどうしよう」といった、メンタル的な緊張がさらに加わることだ。 

 

そのことがその結果、薄毛の進行をいくらでも早めていることになるのである。