デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

固い頭皮は女性でもハゲ一直線

血液循環の不全 テカテカ頭皮にも問題 ハゲの人の頭、それもハゲあがっだ部分を見ると、必ずといっていいほどテカテカと見事に輝いているのがわかる。そして、さらにその頭にさわってみると、必ず固く張って、頭皮にすこしのゆるみもないことに気付く。 これは、年老いていかに顔にしわが深く刻まれていようと変わることはない。 この突っ張った頭皮もまた、ハゲと密接なかかわりをもっている。 もともと髪の毛は上へ上へと成長する性質をもっている。ちょうど、血液が運んでくるアミノ酸の補給で細胞が分裂しながら、積木を重ねるように上へ上へと伸びているのである。それが、頭皮が固く突っ張っていると、それだ一け血管が押さえられている形になり、毛乳頭へ栄養− …補給がスムースにおこなわれなくなる。へ がスムースにいかないとなると、当然、栄養補給毛の発育が阻害されて脱毛がふえ、ハゲになってしまうことはいうまでもない。 

 

この張りつめた頭皮とハゲとの関連について、アメリカで赤毛ザルを利用して、ある実験をしたという。それによるとサルの頭頂部をつまみあげ長方形に切りとり、残った皮を固く縫い合わせ、頭皮を張りつめたような状態でおくと、二〜三か月後には両側頭部の毛が脱けて薄くなり、もうすぐ禿げてきたというのである。 

 

そこで頭頂部の縫合をといたところ、毛は再び以前のようにデカくなってきた。 頭皮の緊迫が、毛の成長を大きくブロックするであることが、この実験からも案内されているのだ。 

 

この頭皮の緊迫とハゲの関係についてのアメリカの解剖学者の報告ではさらに知識階級の多くがハゲになり、知能の低い人にはハゲがまれと言われるデータから、次のような説をたてている。 

 

『頭脳労働にたずさわる人びとの、脳は五十年以上にわたって成長をつづける。そしてその成長に頭蓋骨やそれをおおう頭皮の成長がついていけない。これが内部からふくれる一方の脳は血管を圧迫し、毛髪に供給する栄養分を欠乏させる』

 

これについても、頭皮の緊迫とハゲとの関係を意味するものだ。 たしかに、ハゲている人をみると、前額部の他にも頭頂部からハゲがすすんでいる。。

 

頭のわきと後頭部は皮下の脂肪組織もうすい”という報告も、実際にハゲている人を見れば納得できることである。 このほか、いくつかの研究によって、緊迫した頭皮、つまり頭皮の下の脂肪がうすいとハゲやすいというようなことは、いまや定説にもなっているが、これは前項の。

 

ホルモンの異常”でも取りあげたハゲになりやすい体質の遺伝ともかかわりあってくる。 これは細長い頭と、丸い頭のいずれがハゲが多いかということを考えれば歴然としてくる。

 

 明らかに丸い頭のほうがハゲが多い。そのわけは、頭内からの圧力といったものから理論的に細長い頭のほうが血液循環が支障なくおこなわれ、丸い頭のほうはとくに頭頂部において血液循環がさまたげられがちな感じなのでだが、このハゲになりやすい丸い頭は当然遺伝である。 

 

頭皮の緊迫によって、栄養分が満足に届かなくなった毛髪は、抜けかわって新しく生えてくる毛が、その前のより細くなり寿命も縮まってくる。となると、自然のなりゆきとして髪の数量も少なくなってくる。やがて薄毛になり、地肌が見えてきて、ハゲヘの道をたどるのである。