デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

女性でも!男性ホルモンが薄毛や抜け毛を増幅させる

女性でも!男性ホルモンが薄毛や抜け毛を増幅させる

 

ホルモンの異常 男性ホルモンの影響 ハゲは、遺伝的要素が大きいというデータがある。親が若いときからハゲていると、その子どももやっぱり若いうちにハゲになりやすいなどとよくいわれる。さきにあげた英国皇太fの例はこのことだ。 それらの言柴は、『あたらずとも遠からず』的な言柴である。 

 

正しくは、ハゲそのものが遺伝するのではなく、ハゲになりやすい体質が遺伝するのである。昨今話題となっているガンが「ガン自体が遺伝するのではなく、ガンになりやすい体質が遺伝する」ということとまったくおなじ論理だ。 では、そのハゲになりやすい体質とは具体的にどんなものなのか。 

 

ひとつは、ホルモン、それも男性ホルモン(マンドロゲンという)の分泌量の差である。男性ホルモンとは精巣同質細胞で生成゛されるホルモンで、男性の生殖器官の発達と第二 …次性性徴の発現とを促進し、また、性的衝動を起因」させるものである。  

 

毛はホルモンと密接な関係をもっていることはかなり真実である。その男性ホルモンが、男性のみならず女性にもあることはいうまでもない。陰毛など頭髪をのぞく体毛は、ほとんどこの男性ホルモンの働きによって生じ成長している。ところが、頭髪だけはいわゆる女性ホルモン(エストロゲンともいう)によって、つかさどられている。

 

このおなじ毛でありつつ頭髪だけが女性ホルモンによってつかさどられているという神のいたずらが、実に多くの人々を悩ますことになっているわけだ。 

 

一般に男性には男性ホルモンが多く、女性には女性ホルモンが多いということは当然だが、それがともすれば男性に、成長するにつれて男性ホルモンの分泌が盛んになるにつれ、女性ホルモンを追い放ってしまうという現象をおこさせがちだからである。 女性ホルモンの働きが弱くなれば、当然、女性ホルモンがつかさどっている髪の毛の機能は低下する。

 

そして脱毛、ハゲという現象になる、というわけだ。因果なことに男らしい男ほど毛が薄くなりがちなのはそのためである。 余談ながら、このホルモンがアンバランスの男性は頭藍に異常をきたし、女性なら陰毛に異常をきたすといわれる。ハゲが男性陣に多いかわりに、女性に陰毛の無毛症が多いのもそのへんの理由からだ。 

 

これまで、かなり男性ホルモンの過剰がハゲと密接なつながりがあることがいわれてきた。難しくいえば、ホルモン過剰の人は皮脂が酸化して飽和化合物により毛根が害される。 逆に、男性ホルモン不足の場合は、頭皮が硬くなって毛髪の成長をさまたげるというわけだ。 

 

ただ、男性ホルモンの多い人がみんなハゲるかというとそうはいいきれない。男性ホルモンの影響をうけやすい体質であるかどうかが影響してあるといわれているからだ。
デルメッドヘアエッセンス