デルメッドヘアエッセンスは効果なし?実際に使用してみた感想レビュー

フケが多い人は注意!抜け毛や薄毛に繋がります

フケが多い人は注意!抜け毛や薄毛に繋がります

 

フケの発生過剰 粃糠性脱毛症のこわさ ハゲる前のことをよく考えてみるとフケがやたらに多くなっていた」これはよく聞かれる体験談である。たしかにフケはハゲの赤信吋などともいわれ、フケが異常に多いときなど、特に注意しなくてはならないと専門家たちも囗をそろえていう。

 

さて、そのフケだが、学問的には頭部脂漏症と呼ばれる一種の病気で、「粃糠性脱毛症」とも呼ぶ。 頭皮にフケがおおくなり、それがある期間続いているうちに、頭の地肌がカユくなり毛が抜けてくるものだ。あぶら性の人に多いがいわゆる。若ハゲ″といわれるもののなかには、この経過をたどっておこるものもある。 

 

フケ症には「油性脂漏」と「乾性脂漏」の二つがある。 油性は皮脂の分泌が盛んで、それが長く皮膚の表面に残っているため、ねっとりしたフケとなり、頭皮に付着して落ちにくく、ひどいものはカサブタになってくる。 乾性は、皮脂の分泌が少なく、角層表面の角質細胞をたがいに密着させる力が弱くなるためにおこる。フケはサラサラとした粉のようなものが目立つ。 

 

しかし、フケが一種の病気であるとはいっても、生きていてフケの出ない人はひとりもいない。ハゲなどまるで無縁の若い女性が、せっかくドレツシイな衣服を身にまとってるのに、エリ元にパラパラと粉でもふりかけたようにフケがある。

 

その光景でもそれはおわかりだろう。  これは、フケが頭皮の表層部である表皮が古く …なって、異常乾燥して紙をはぐように皮膚からは。なれたものだからで、言うなれば肌から出るアカのようなもの。

 

したがって、あるていどのフケは自然の摂利なのだ。 とはいっても、それが異常に多いとなれば、これはまさに。ハゲの赤信にグである。 なぜ赤信号となるか。 フヶは頭皮のヶラチン層と呼ばれる表皮がはがれておこるものである。ところが、アカのようなものとはいっても、このヶラチン層には大切な役目があるのだ。頭皮の上にあって、頭皮面を保護するという役である。 

 

それが、平常以上にフヶがでるということになれば、ヶラチン層を必要以上にけずってしまう。そうなると頭皮面を保護するという役目も果たせなくなるというわけだ。こうなるとトタン屋根の塗装がはがれて、トタン屋根がサビて穴があくようなもの。頭皮にもおのずと障害がおこってくる。 

 

その症状を詳しくいうとこうである。頭皮をカバーしているヶラチン層がはがれると、直接、頭皮が乾燥するので、まず毛根を包んでいる内根靹、外根靹と毛根の間の角化かすすんでくる。

 

すると本来、密着していなくてはならない毛根と内根鞘の問にズレが生じる。歯と歯ぐきの問が食ベカスによってスキ問が生じ歯がグラついてくるのとおなじような症状が髪の毛にもおこってくるのである。つまり、毛の固着力が弱くなってくるというわけだ。 しかも、毛はたえず生育している。

 

上へ上へと伸びてきているのだから、こうなると相乗効果で固着力はますます弱くなってくるという寸法である。 こうして、グラついた歯のような状態になった髪は、ちょっと洗髪したリブラシを入れたりしただけで、すぐ力なく脱け落ちてしまう。まだ五年の寿命がある髪の毛が、一年で脱けたりすることがおこるのだ。

 

 この異常な状態下では、当然のことながら、毛髪の再生能力が脱げる数に追いつかなくなる。すなわちハゲヘとすすむのである。 こうしたフケによる異常脱毛は、あるていど自分で見分けることができる。

 

異常脱毛の毛を顕微鏡で見ると、先端に細い根のようなものがついている。これは毛が、内根鞘、外根鞘と(ガれた中にあってもなお成長しようとしていたためで、毛根下端の未角化の根靹がむしりとられ付着しているからだが、それを肉眼で見ても、毛の毛根の部分が細くみえる。

 

この先端が細くなった毛が、脱毛数の四分の一以上あったら赤信号というわけである。 このほかフケには、かゆみという問題がある。フケが異常に多くなってくると頭の皮膚が乾燥して赤味を帯び、たえきれないかゆみが伴う。

 

かゆいので自然そこをかく。すると今度は皮膚炎をおこし、頭皮が傷つき化膿したりして、脱毛や毛の損傷をますます進めることになる。 

 

そして、フケがさらに悪性になると、まるで湿疹のように頭全体がかさぶた状になってしまう。ここまでくると、もはやフケの病状はかなり重症になったわけで、夏は脱毛などとり返しのつかない状態に陥ってしまったといえる。 フケの発生原因 このフヶの発生については、いくつかの原囚があげられている。

 

主なものとしては、性ホルモンの分泌異常、貧血や胃腸の障害、精神的過労、イライラ、栄養のアンバランス、そして先天的な体質など。 

 

それとハゲになる大きな要囚として、人間が青年期から壮年期に入ると、皮膚の下にある皮脂腺の活動が活発になり、頭皮の表面にごつろこ状のうすい表皮(フケごがおびただしく発生するという問題もある。 うすい表皮がおびただしく皮膚面におこると、当然のことながらかゆみを生ずる。

 

そして、ボリボリなかば無意識にかくとフケが盛んに出る。これなど脱毛からハゲヘの大きな前奏曲といえるだろう。 それらの前奏曲はやがて、フケが異常発生し、それが三か月から一年も続く↓一時的にフケがとまる↓急速に毛が脱けるというコースでハゲヘとすすむのである。
デルメッドヘアエッセンスの効果